種類別優遇措置

種類別優遇措置

エコカー減税といっても、環境対応車の種類によって優遇措置のレベルが異なります。

ここではその優遇措置の内容について紹介します。

■種類別優遇措置

(1)電気自動車

電気自動車は「自動車所得税」と「自動車重量税」が免除されます。

(2)ハイブリッド車

・車両総重量3.5t以下

・低排出ガス車認定制度により「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(★★★★)」を受けている

・「平成22年度燃費基準+25%」以上を達成している

上記の条件を満たすハイブリッド車は「自動車所得税」と「自動車重量税」が免除されます。

(3)クリーンディーゼル車

・車両総重量3.5t以下

・平成21年自動車排出ガス規制に適合している

上記の条件を満たすクリーンディーゼル車は「自動車所得税」と「自動車重量税」が免除されます。

(4)75%減税

・低排出ガス車認定制度により「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(★★★★)」を受けている

・「平成22年度燃費基準+25%」以上を達成している

上記を満たす自動車は「自動車所得税」と「自動車重量税」が75%減税されます。

(5)50%減税

・低排出ガス車認定制度により「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(★★★★)」を受けている

・「平成22年度燃費基準+15%」以上(25%未満)を達成している

上記を満たす自動車は「自動車所得税」と「自動車重量税」が50%減税されます。

(6)重量車

・「平成17年排出ガス規制PM10%低減またはNOx&PM10%以上低減」を受けているもの

・「平成27年度燃費基準」達成

上記を満たす重量車は「自動車所得税」と「自動車重量税」が50%減税されます。

※重量車とは

トラックやバスなど

(7)中量車

・「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(★★★)」

・「平成27年度燃費基準」達成

上記を満たす中量車は「自動車所得税」と「自動車重量税」が50%減税されます。

※中量車とは

車両総重量が2.5t超3.5t以下のガソリン車、ディーゼル車

スイフトスポーツ新型インプレッサ

天然ガス車とは?

環境対応車の1つに天然ガス車があります。

■天然ガス車とは?

天然ガス車とはその名のとおり、天然ガスを燃料として走行する車です。

天然ガスは硫黄分などの不純物を含んでいないため、燃焼時に有害物質である窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)の発生を抑えることができます。

また二酸化炭素(CO2)の排出量もガソリン車に比べて20%から30%軽減できます。

■天然ガス車の種類

◎LPガス自動車

プロパンガス、ブタンガスや混合燃料、LPG(液化天然ガス)を燃料して走行する。

有害排出物(NOxやPM)、黒煙を排除し、騒音や振動、臭いを抑えることができる。

また大幅に二酸化炭素を抑制できることも魅力。

◎ジメチルエーテル車

ジメチルエーテル(DME)をディーゼルエンジンの燃料として利用し走行する。

ジメチルエーテルはバイオマス・天然ガス・石炭などを合成した燃料で、窒素酸化物(NOx)の発生を大幅に抑え、ススなどもほとんど発生しないことが特徴。

■天然ガス車のメリット

・ガソリン車より有害排出物が少ない

・資源が豊富

・燃料コストが安い

・事故の際にガソリンより安全

■天然ガス車のデメリット

・エネルギー効率が悪いため、走行距離が短い

・天然ガスを補給できる場所が少ない

・天然ガスタンクが大きくトランクなどが狭くなっていまう

■利用シーン

天然ガス車は一般的にタクシーに利用されることが多いです。

というのは、天然ガスは補給場所が少ないのが欠点ですが、タクシー会社であれば1つの補給場所を用意すれば複数の天然ガス車に対して補給ができ、逆に効率が良いからです。

また燃料コストが安いことも業務用車両として都合が良いといえるでしょう。

ステップワゴンスパーダマークX