環境対応車とは?

環境対応車とは?

エコカー減税とは、環境保護のため、環境にやさしい車(環境対応車)を普及させるために導入された税制度です。

では環境対応車にはどのようなものがあるのでしょうか。

■環境対応車とは

環境対応車は「エコカー」「低公害車」と呼ばれ、地球環境へのダメージを軽減させる対応を施した自動車のことです。

従来の自動車は、ガソリンや軽油を燃焼させることで走行するため、排気ガスによって大量の窒素酸化物や硫黄酸化物、二酸化炭素を排出していました。

これらが排出されることで大気汚染や地球温暖化が進行してしまい、地球規模での問題となっているのです。

そこで、これらの排ガスを抑制し、環境にやさしい自動車として登場したのが、「環境対応車」です。

■環境対応車のメリット

環境対応車は環境にやさしいのはもちろんのこと、ガソリンエンジンなどを用いないことで走行音が発生せず、交通騒音問題の緩和にも有効であると言われています。

■環境対応車の問題点

環境対応車の問題点としては、

・走行性能

・エネルギー供給スタンド不足

・高価格

が挙げられます。

電気駆動のエンジンではなかなか出力が得られず、高速走行が苦手です。

また1回の充填で走行できる距離が短いことも難点です。

そのため環境対応車は長距離ドライブというよりは、街乗りに向いていると言えるでしょう。

またガソリンスタンドと異なり、環境対応車を走行させるためのエネルギー(電気、エタノール、天然ガスなど)を充填するための施設が少ないため、せっかく購入しても日常生活においてどこでも気軽に使えるわけではないことも解決しなければならない課題です。

最後に車体価格です。

以前に比べれば随分安価になりましたが、それでも環境対応車は、従来のガソリン車に比べて高価な自動車です。

そこで国は環境対応車を積極的に普及させるために、補助金を準備して、環境対応車の購入を支援することにしました。

これがエコカー減税なのです。

シエンタ

エコカー割引

エコカーを購入すると、国からエコカー減税やエコカー補助金の優遇措置が受けられることを紹介してきました。

実はエコカーを所持していると、国だけではなく民間企業が提供するサービスにおいてもお得な割引を受けられることがあります。

■エコカー割引について

◎自動車保険

代表的なエコカー割引に自動車保険があります。

現在の自動車保険は、リスク細分型保険といって、エアバッグがついていたりABSや装備されている車両であったり、新車や過去に事故歴のないドライバーである場合には、保険料の割引を行なっています。

同じようにエコカー(環境対応車)に自動車保険を掛ける場合には、自動車保険料が割引されます。

これは地球の環境保全/保護に貢献している車両ということで、評価されるためです。

以前はどの自動車保険会社でもエコカー割引を提供していましたが、最近ではエコカーが普及してきたことにより、エコカー割引サービスを行なっていない保険会社も出てきています。

申し込みの際にはエコカー割引があるかを確認しておきましょう。

◎高速道路

2011年の2月に、高速道路の利用料金についてETCのエコカー割引が導入されることが発表されました。

しかし2011年3月に発生した東日本大震災により、このエコカー割引に割当てられていた予算が復興費用に転用されたため、現在導入が見送られています。

もともとの内容としては、エコカー減税で自動車取得税や自動車重量税が「免税」となる車種については、軽自動車料金が適用されるものでした。

そのため現在高速道路の利用においてエコカー割引は提供されていませんが、日本各地にある有料一般道路では、エコカー割引と同様の割引制度を用意しているところもあります。

<例>

伊豆スカイライン/箱根スカイライン ・・・ 「低公害車割引」割引率50%

神奈川県内有料道路 ・・・ 「県内有料道路通行料補助」 月上限5000円まで

ヴォクシー値引き